Created At: 2020.01.29 Updated At: 2020.01.29

「サーバーにディレクトリ丸っと送りたいんだけど、途中に踏み台サーバーが居て…」よくあります。
「え、ProxyCommand塞がれてるの??」とセキュリティ堅い環境でよく聞きます。

tar+ssh で大抵回避できるのでコピペで使えるようにまとめました。

ssh


Created At: 2020.01.22 Updated At: 2020.01.29

「手っ取り早く Web インターフェースを手に入れる方法 2020」シリーズ(?)のBFF サンプルプロジェクト と同じように Web Frontend サンプルプロジェクトを作ってみました。

今回もプロジェクト構成やビルド方法の検証が主目的です。
そのためアプリケーション自体は Docker イメージを実行するとNext.jsの Web サーバーが起動しこんなページが表示されるだけのシンプルな機能しかありません。

❯ docker run -it --rm -p 3000:3000 b2ee27d0d01d

> @ start /app
> next start

> Ready on http://localhost:3000

Created At: 2020.01.16 Updated At: 2020.01.29

「手っ取り早く Web インターフェースを手に入れる方法 2020」みたいなことを考えながら勉強のために BFF(Backend For Frontend) のサンプルプロジェクトを作ってみました。
ただしプロジェクト構成やビルド方法の検証が主なので BFF に特化した機能はなく、実行すると Express が起動してコンソールログが表示されるだけのアプリケーションです。

❯ docker run -it --rm 19472c5d8df4
💽 Loaded the configuration: version: 2020.1.0-default, baseVersion: 2020.1.0-default
⚡ App is running at :4000 in production mode
  Press CTRL-C to stop

Created At: 2020.01.08 Updated At: 2020.01.08
ドキュメントのプリセット、これです。 新しくファイル作る画面で選べるやつ。 用紙サイズとかカラーモード指定用の。 macOS の場合、 ~/Library/Preferences/Adobe Photoshop 2020 Settings/New Doc Sizes.json にあります

Created At: 2019.12.18 Updated At: 2020.01.29

これは「GCPUG Tokyo December 2019」の記事から「Why Kubernetes? Why not GAE or others?」部分を切り出した記事です。
本記事のコンテキストとして、イベントでお話しさせていただいた資料「ML アプリケーション短期開発 / Fast development for ML Web Service on GKE & GCP」」を事前にご参照いただけると幸いです。