RackTablesで個人ネットワークを管理する

個人で使っているさくらのクラウドアカウントでサーバーやスイッチが増えてしまいどれが何やら分からなくなってきたのでRackTablesで管理しようと思い(立ってからだいぶ時間が)たちました。

ようやく重い腰を上げてRackTablesを運用し始めたのでメモしておきます。

RackTablesはWebでサーバーラックやIPアドレスを管理できるソフトウェアです。
MOONGIFTの記事でその存在を知ってから運用しようと何度かセットアップしたのですが毎度あまり運用せずに放置してしまっていました。

「今度こそちゃんと運用する!」と何度目かの決意とともにセットアップしてみます。

セットアップ方法は長くなるので別途まとめようと思いますが、無事セットアップできると管理ユーザーでログインした後このような画面が表示されます。

試しに今回はRackTablesのサーバー自体が所属している 172.16.240.0/20 と個人サービス用のLAN側ネットワークである 172.16.224.0/20 の2つのセグメントを登録してみます。

リンクを辿っていくとこのようにセグメント内のIPアドレスが一覧表示され、何に割り当てているか管理することができます。

これからこのRackTables上の情報を正としてDNSレコードやサーバーを整理していこうと思います。