AirDropは"Do Not Disturb"をOnにするとOffになる

タイトルの通り。
Do Not Disturb をOnにするとAirDropの送り先リストから消えてしまう。

なるほど「(AirDropのファイル受信を含めて)通知を拒否しているからそもそも送らない」ということなのだろう。
考えてみれば挙動として正しいとは思う。

オフィシャルな説明は見つけきれなかった。

そもそも Finder のサイドバーや設定画面に AirDrop がない。

オフィシャルドキュメントと同じ macOS Sierra なのだけども。

オフィシャル外でそれっぽい記事を見つけた。